Tag: リーダー


システムエンジニアが担うこと

6
11月

チーム単位で行われるシステム開発では、リーダー的な存在が必要になります。
これは各専門分野のエンジニアを統括し、より優れたシステムを構築するための重要な役割を担う人材です。
システムエンジニアは、システム開発における設計から各種の運用保守までを総合的に管理しています。そのため、各分野のエンジニアのリーダー的な役割を担うことになります。

システムエンジニアには幅広い技術が必要とされますが、その中でもシステムの仕様書の作成は最も重要な技能の一つです。
その理由は、システムに求められる各種機能の詳細を定義し、基本的な設計を行うためです。プログラマーや各分野の技術者に適切なシステムを構築するために指示を出し、クライアントの理想とするシステムを納品することが目標とされます。

そのため、システムエンジニアに求められるのは技術的な要素だけではありません。
この役割を担うエンジニアはシステム開発において中心的な存在で、プログラマーの適正を見抜き適切な作業を任命し、スケジュール通りにシステム開発できるようプロジェクトを進行していくことが求められます。
特に納品までの期間が短い場合は、効率良く職務に従事しなければなりません。
そのため各分野のエンジニアと密接なコミュニケーションをとり、目標の納期までに納品できるようシステムのバグの発生を回避する必要があります。
また、クライアントの発注を請け収益性にも貢献しなければならないため、営業スキルや顧客満足度の高い対応力も求められる仕事であると言えます。

システムエンジニアが担うこと はコメントを受け付けていません。 |

Back to top