Tag: ヒアリング


求められる役割とはどのようなものか

24
10月

システムエンジニアの仕事は多岐に渡り、例えばネットワークやインフラの設計からデータベースの設計や構築と様々なものがあります。そしてシステムエンジニアは、それぞれの専門に特化したスペシャリストを目指す方が多いようです。
プロジェクト全体を管理するのが、リーダーというポジションです。これはスペシャリストではなく、ある程度は様々な知識が求められます。

では、リーダーに求められる役割はどのようなものがあるのでしょうか?

まず、実際に仕事でクライアントが予算に見合わない要望や追加機能など、無理な要求をしてくるケースがあります。
こういう時にリーダーがはっきりと断らなければ、そのしわ寄せはチームメンバーに来てしまいます。もちろん角が立ってはいけないので、うまくクライアントを諭さなければなりません。

そして、要件をヒアリングしている時にうっかりクライアントがイレギュラーな業務を伝え忘れてしまう、というトラブルも少なくありません。
この場合は運用テスト段階になってから機能追加となり、手戻りしなくてはいけないので大変です。このようなことがないよう、しっかりとヒアリングを行い見落としていることがないか確認を行います。

そして、まとめ役として当然ですが、メンバー全員を上手にまとめなければいけません。もちろん全員が人月工数に見合うようにし、全員が存分に実力を発揮できるようにします。

このように、求められる役割は無理なときは諭してはっきりと断ること、クライアントのヒアリング時のうっかりミスなどを防ぐこと、そして全員が存分に実力を発揮できるようにまとめることが挙げられます。

求められる役割とはどのようなものか はコメントを受け付けていません。 |

Back to top